スポンサーリンク

京極作品内年表

(作成中)

182x年-1あるいはそれ以前

小股潜りの又市、靄船の林蔵、無動寺の玉泉坊らと組んで上方を荒らす

林蔵が下手を打ち、又市ら上方を出る

182x年-1(1824/5年?)

又市、江戸に流れてくる

182x年(1825/6年?)

10月

又市お葉のために睦美屋の一件にかかわる
又市、ゑんま屋の一味に加わる(寝肥)

182x年+1(1826/7年?)

1月

8日
本所にて、岩見平七の仇討ちが行われる
10日
仇討ち時の怪異(大蟆出現)の風聞が立つ(周防の大蟆)

2月

西川家の継子虐待死事件(二口女)

6月

土田左門を切腹に追い込んだ報復として、ゑんま屋一味が襲撃される
又市、小右衛門と出会う(かみなり)

11月

祇右衛門により、道玄坂の縁切り堂に黒絵馬が設えられる

182x年+2(1827/8年?)

4月

志方兵吾が黒絵馬に自分の名を書き入れる
又市ら、一文字屋仁蔵の依頼で黒絵馬潰しに暗躍(山地乳)

11月

久瀬棠庵、消息不明になる
ゑんま屋関係者(巳之八辰五郎お喜多おしま政吉捨蔵山崎寅之助角助)およびおちか、祇右衛門の手下によって殺される
又市小右衛門と手を組む
宗右衛門祇右衛門(2人目)として獄門に掛けられる
又市宗右衛門の装束・道具を受け継ぎ、御行姿となる(旧鼠)

182x年+3~10

又市民谷伊右衛門民谷岩の縁談を斡旋
民谷伊右衛門、死亡
又市、奥州の殺し下手人探しの仕事で初めて治平と組む
木幡小平次又市の仕掛けに利用される

182x年+10(1835/6年?)

山岡百介又市おぎん治平らと出会い初めて仕掛けの片棒を担がされる(小豆洗い)

8月

(野鉄砲)

(白蔵主)

11月

(狐者異)

182x年+11(1836/7年?)

(舞首)

5月

(飛縁魔)

晩夏

(芝右衛門狸)

(船幽霊)

天保8年(1837年)

大塩平八郎の乱

182x年+12(1837/8年?)

5月

(塩の長司)

6月

(死神)

(柳女)
(桂男)

(赤えいの魚)

182x年+13(1838/9年?)

(「天火」において、百介が摂津の村を訪問したのは大塩平八郎の乱の翌年あるいは翌々年と語っていることから、これを基準に年代推定)

2月

(遺言幽霊 水乞幽霊)

(鍛冶が嬶)
(夜楽屋)

疫病で滅びかけた美曾我五箇村の庄屋又右衛門寛三郎に嫉妬し、相打になる(溝出)
(帷子辻)

一文字屋仁蔵に引き取られていた酒蔵の跡取り息子与吉が酒蔵新竹に戻る(豆狸)
山岡百介鴻巣玄馬が代官を務める摂津の村を訪問。六部に化けた又市と遭遇(天火)
林蔵又市、16年前の決着を付ける。辰造お栄死亡(野狐)
(山男)
(手負蛇)

182x年+16(1841/2年?)

一文字屋仁蔵山岡百介の戯作開板を待たずに死亡
山岡百介、戯作を開板
(五位の光)

182x年+18(1843/4年?)

小右衛門、北林藩にて樫村兵衛と刺し違える
又市およびおぎん山岡百介の前から姿を消す(老人火)

嘉永2年(1849年)

優門海上人、入定

安政元年(1854年)

由良公房、信濃で八咫烏(又市)と青鷺(りん)に会う

万延元年(1860年)

仁秀、明慧寺先代住職仁秀に拾われる

元治元年(1864年)

国枝喜左衛門りんを殺害
和田智弁が生駒屋の山岡百介を訪問。山岡百介山岡小夜を引き取る

慶応元年(1865年)

山岡百介、九十九庵を購入

慶応2年(1866年)

笹村与次郎、北林藩からの恩賞金を山岡百介に届ける係となる

明治元年(1868年)

円覚道、金剛三密会を興す

明治2年(1869年)

由良胤房、死亡

明治4年(1871年)

佐伯甲兵衛誕生
笹村与次郎山岡百介宅を再訪

明治6年(1873年)

蒲生いね山野金六に攫われる
由良胤篤、誕生

明治9年(1876年)

由良公篤、私塾「孝悌塾」を開く
由良胤篤由良公胤の養子になる
由良行房、誕生

明治10年(1877年)

矢作剣之進、警察組織改変により内務省警視局本署の一等巡査となる

初夏

矢作剣之進、百物語を開催
山岡百介死亡

明治14年(1881年)

山形州朋(後、由良家執事)、誕生

明治17年(1884年)

7月

7日
華族令施行。由良公房、伯爵となる

明治18年(1885年)

円覚丹(後明慧寺の貫首)、誕生
由良公篤、隠居した由良公房を継ぎ伯爵となる

明治20年(1887年)

栗田コウ栗田要次栗田周次を殺害
由良公篤、白樺湖畔に鳥の城を建設

明治26年(1893年)

由良公房、死亡

明治28年(1895年)

和田智稔、仙石楼に招かれ明慧寺発見

明治29年(1896年)

金剛三密会初代教主円覚道、死亡

明治33年(1900年)

円覚丹、真言宗金剛三密会を離れる

明治34年(1901年)

織作伊兵衛、織作家の養子に入る
山形州朋、由良家に仕える

明治35年(1902年)

織作伊兵衛、蜘蛛の巣館建設
由良昂允、誕生

明治36年(1903年)

由良公篤死亡。由良行房、伯爵となる
羽田桝太郎羽田隆三織作伊兵衛の父)、羽田製鐵を創業

3月

由良昂允の母由良早紀江、死亡
由良行房栄田庸治郎由良早紀江の剥製を作らせる

明治37年(1904年)

5月

5日
由良昂允、退院

明治40年(1907年)

4月

由良胤篤由良早紀江の幽霊(剥製)を目撃

大正元年(1912年)

円覚丹、金剛峰寺で発願得度

大正6年(1917年)

金剛三密会2代教主円覚正、貧困の末牧村拓道に引き取られる

大正11年(1922年)

由良行房、自殺。由良昂允、伯爵となる

金剛三密会2代教主円覚正、死亡

大正12年(1923年)

9月

1日
関東大震災
柴田トキ、死亡
9日
鷺宮一味、双子山山中で法界髏を行う。降旗弘、法界髏を目撃
30日
鷺宮邦周、自殺

大正13年(1924年)

宇多川崇宇多川さとと見合い結婚

大正14年(1925年)

織作雄之介、織作家の養子に入る
松宮仁一郎、明慧寺周辺の土地を購入

大正15年(1926年)

大西泰全、明慧寺に入山
宇多川さと、病死

12月

26日
棚橋祐介、憧れていた和田ハツの焼身自殺を目撃

昭和元年(1926年)

桑田常信、得度

昭和3年(1928年)

小坂了稔円覚丹、明慧寺に入山

昭和4年(1929年)

柴田耀弘の嫡男柴田弘明、死亡

昭和5年(1930年)

伊庭銀四郎、国家警察長野県本部刑事課捜査一係に配属

由良昂允、妻美菜を殺害

昭和6年(1931年)

寺田兵衛寺田サト、見合い結婚

昭和7年(1932年)

久保竣公誕生
菅野博行、久遠寺医院の常勤小児科医となる

昭和8年(1933年)

12月

藤野牧朗の母、死亡

昭和9年(1934年)

由良昂允、妻啓子を殺害

昭和10年(1935年)

川島喜市、川島家に引き取られる
桑田常信中島祐賢、明慧寺に入山
平田謙三、有徳商事に就職

昭和11年(1936年)

今川雅幸、骨董今川開業

昭和12年(1937年)

光保公平、戸人村の駐在に赴任

8月

15日
柴田弘弥柚木陽子、駆け落ちする

昭和13年(1938年)

由良昂允、妻春代を殺害
雨宮典匡柚木陽子柚木加菜子親子の監視役になる
榎木津礼二郎木場修太郎川島新造と出会う
山田与治郎の孫山田スエ、父山田嶌夫を刺殺し凶器を壷に隠す
柚木陽子、父美馬坂幸四郎の子柚木加菜子を出産
和田慈行、明慧寺に入山

5月

光保公平、出征のため戸人村の駐在勤務終了

楠本頼子誕生

6月

20日
佐伯甚八佐伯初音を犯し、殺される
有馬汎佐伯布由を保護
21日
有馬汎、下田署に配属される

津村辰蔵、憲兵に連行される

昭和14年(1939年)

明慧寺にて、大西泰全が典座、桑田常信が維那、小坂了稔が監院、中島祐賢が直歳に就任

藤野牧朗久遠寺梗子を見初める

昭和15年(1940年)

有馬汎山辺唯継と取引
平野祐吉平野宮、結婚
織作碧誕生
美馬坂幸四郎の妻、柚木絹子死亡

1月

3日
松宮鈴子、家族を撲殺。松宮仁、松宮家に放火して逃亡
消防団員堀越牧蔵、消火活動。松宮鈴子が行方不明となる

9月

16日
関口巽久遠寺涼子を強姦、鬱病発症

昭和16年(1941年)

菅野博行、久遠寺病院から失踪

2月

藤野牧朗、久遠寺家へ求婚

4月

藤野牧朗、ドイツで事故に遭い、生殖器の一部を失う

菅野博行、明慧寺で得度

初夏

沼上蓮次、同人誌「迷ひ家」創刊

12月

8日
太平洋戦争開戦

昭和17年(1942年)

内藤赳夫、久遠寺家へ引き取られる
大鷹篤志花田百合の陰部を窃視
陸軍第十二研究所創設

昭和18年(1943年)

小池花恵上田健吉信濃カヲルを殺害
鷺宮邦貴一柳朱美の実家に放火
大鷹篤志、風呂屋の娘と初体験

昭和19年(1944年)

一柳朱美佐田申義と結婚

8月

31日
一柳朱美、憲兵に拘禁される

9月

1日
宗像民江佐田申義を殺害

10月

14日
一柳朱美宗像民江、利根川で遭遇して川に落ちる
一柳史郎一柳朱美宇多川崇宗像民江を助ける

昭和20年(1945年)

石田芳江、首吊り小屋で首を吊る
柴田勇治柴田耀弘の養子になる
白丘亮一汚れた神主から武御名方富命の骨を託される

8月

15日
太平洋戦争終戦

10月

由良昂允、妻由良美禰を殺害

昭和21年(1946年)

蓼科大池(後の白樺湖)完成
伊庭銀四郎、東京警視庁捜査一課に配属
山田春真高野八重を誘拐
大鷹篤志徳子との情交開始

昭和22年(1947年)

村上貫一、復員。山辺唯継の世話で下田署に入る
平田謙三、有徳商事から由良奉賛会に出向

昭和23年(1948年)

帝銀事件発生(青木文蔵捜査協力)
澤井健一、帝銀事件への関与を疑われて連行される
伊佐間一成、釣り堀を任される
羽田隆三、「徐福研究会」を設立
平野宮、密通現場を夫平野祐吉が覗き見ていることを知り、自害
布施山人、根念寺を乗っ取り薬石茶寮開始
牧村托雄、明慧寺に入山

昭和24年(1949年)

昭和25年(1950年)

関口巽関口雪絵恋愛結婚。関口巽、粘菌研究を辞める
中禅寺秋彦、高等学校講師を退職し、古本屋「京極堂」を開業
内藤赳夫、医師国家試験落第
本島俊夫大河内康治と知り合う
保田作治木場修太郎の妹百合子と結婚
大鷹篤志奥貫薫子の入浴を窃視

4月

宗像民江の兄宗像賢造、復員

初夏

多々良勝五郎沼上蓮次、山梨で村木作左衛門村木富美と知り合う

5月

30日
関口巽、「嗤フ教師」発表(近代文藝)

6月

5日
久遠寺梗子藤野牧朗、結婚

7月

久遠寺涼子、嬰児を誘拐

9月

久遠寺涼子、嬰児を誘拐
30日
関口巽、「イデオロギヰの馬」発表(近代文藝)

11月

久遠寺涼子、嬰児を誘拐

昭和26年(1951年)

大島剛昌、東京警視庁捜査一課課長に就任
奈美木セツ、織作家のメイドになる

1月

9日
久遠寺梗子藤野牧朗を刺し、久遠寺涼子藤野牧朗を殺害
30日
関口巽、「E. B. Hの肖像」発表(近代文藝)

2月

7日
田岡太郎、父田岡吾市を刺殺
8日
多々良勝五郎田岡吾市殺人事件を解決

4月

杉浦隆夫杉浦美江、結婚
30日
関口巽、「天女転生」発表(近代文藝)

7月

30日
関口巽、「蒼ざめたものを待つて」発表(近代文藝)

女優美波絹子(本名柚木陽子)、引退

10月

30日
関口巽、「舞踏仙境」発表(近代文藝)

里村紘市、出羽で優門海上人の即身仏を解剖・防腐処理
中禅寺秋彦、出羽で憑物落とし。多々良勝五郎沼上蓮次と知り合う

12月

久保竣公、「蒐集者の庭」で本朝幻想文学新人賞を受賞

昭和27年(1952年)

有馬汎、警部補に昇進
桑田常信、明慧寺の典座に就任
西田新造、相模原美術展入選
江藤徹也、母江藤登美枝を殺害

2月

木場修太郎、池袋署から東京警視庁捜査一課に異動
榎木津礼二郎、薔薇十字探偵社を開業

4月

織作茜織作紫を殺害?

5月

1日
平野祐吉、精神神経科医降旗弘の診察を受ける
2日
連続目潰し魔平野祐吉矢野妙子を殺害
30日
関口巽、「温泉郷の老爺」発表(近代文藝)

7月

雑司が谷嬰児連続失踪事件
久遠寺梗子、死亡
久遠寺涼子久遠寺菊乃を殺害
久遠寺涼子、死亡

8月

15日
楠本頼子柚木加菜子を武蔵小金井駅のホームから突き落とす
16日
柚木加菜子、美馬坂近代医学研究所に搬送される
25日
柚木加菜子誘拐予告の脅迫状が届く
29日
柚木加菜子の右腕発見
30日
関口巽、「眩暈」発表(近代文藝)
柚木加菜子の両脚発見
31日
須崎太郎柚木加菜子を病室から連れ出す。雨宮典匡須崎太郎を殺害、柚木加菜子を伴い失踪
杉浦隆夫、自宅から失踪

9月

武蔵野連続バラバラ殺人事件
柴田耀弘、死亡
久保竣公雨宮典匡柚木加菜子と出会う
本田幸三渡辺小夜子を強姦
5日
木場修太郎、1カ月間の謹慎処分が下される
6日
浅野晴子の右脚発見
7日
浅野晴子の左脚、右腕発見
10日
浅野晴子の左腕、小沢とし江の左腕発見
13日
小沢とし江の右腕発見
14日
小沢とし江の右脚発見
16日
柿崎芳美の右腕発見
鷺宮邦貴佐田申義の髑髏を海に投擲して金色髑髏事件を引き起こす
19日
柿崎芳美の左腕発見
20日
鳥口守彦、警察の失踪少女一覧を入手。穢封じ御筥様に乗り込む
双子山山中にて集団自殺者発見される
21日
小沢とし江の左脚、柿崎芳美の右脚発見
22日
逗子湾で金色の髑髏が目撃される
23日
関口巽、穢封じ御筥様の信者名簿を筆写
24日
浜に打ち上げられた金色の髑髏(佐田申義の髑髏)が目撃される。白丘亮一、それを拾う
25日
関口巽榎木津礼二郎、楠本家へ。喫茶店「新世界」で久保竣公と遭遇
27日
楠本頼子の両腕発見
28日
中禅寺秋彦、穢封じ御筥様(寺田兵衛)と対決
青木文蔵久保竣公宅で少女の死体を発見
半ば
鈴木敬太郎、鬼(久保竣公)と遭遇、出奔

10月

連続目潰し魔平野祐吉川野弓栄を殺害
1日
久保竣公の指、両腕両脚が発見される
中禅寺秋彦、美馬坂近代医学研究所で憑物落とし。久保竣公死亡
9日
伊佐間一成、島根の物部神社で雨宮典匡と出会う
14日
関口巽の単行本「眩暈」の見本完成

11月

1日
伊佐間一成一柳朱美と出会う
10日
立太子の礼
11日
宗像民江鷺宮邦貴を殺害し、首を切断する
28日
宗像民江、兄宗像賢造に雇われた矢沢駿六を殺害し、首を切断する

12月

堀越牧蔵、箱根消防団底倉分団を退団
1日
中禅寺秋彦久保竣公の葬儀を執り行う
矢沢駿六の生首が発見される(逗子湾生首投棄事件)
2日
宗像民江、自宅で宇多川崇を殺害
4日
宇多川崇の遺体発見。一柳朱美宇多川崇殺害容疑で連行される
15日
中禅寺秋彦、聖宝院文殊寺で憑物落とし。聖宝院文殊寺住職文覺、死亡

連続目潰し魔平野祐吉、聖ベルナール女学院の教師山本純子を殺害

昭和28年(1953年)

1月

澤井健一宇都木実菜を強姦
末日
連続目潰し魔・絞殺魔事件合同捜査本部設置

2月

連続目潰し魔平野祐吉前島八千代を殺害(左門町婦人目潰し殺人事件)
箱根山連続僧侶殺害事件
仁秀小坂了稔大西泰全菅野博行中島祐賢を殺害
中禅寺秋彦、明慧寺で憑物落とし
棚橋祐介和田慈行の煙を採取

3月

澤井健一福山幸子を強姦
織作茜織作雄之介を殺害?
連続絞殺魔杉浦隆夫本田幸三織作是亮渡辺小夜子を絞殺
連続目潰し魔平野祐吉高橋志摩子織作碧を殺害
中禅寺秋彦、織作家で憑物落とし。織作葵出門耕作織作真佐子死亡
織作茜織作五百子を殺害?
22日
岩川真司工藤信夫を逮捕

4月

中禅寺秋彦、連続目潰し魔・絞殺魔事件の真犯人「蜘蛛」の正体を指摘する
宇都木実菜西田新造のモデルになる
30日
関口巽、「犬の逝く径」発表(近代文藝)?

5月

30日
関口巽、「獨弔」発表(近代文藝)
31日
来宮小百合澤井健一を詰問

6月

澤井健一来宮秀美を強姦
5日
内藤赳夫藍童子に出会う
10日
関口巽、戸人村を発見
11日
内藤赳夫織作茜を殺害。関口巽、容疑者として逮捕される(蓮台寺裸女殺害事件)
19日
中禅寺秋彦、佐伯家で憑物落とし。岩川真司尾国誠一を殺害
19日以降
木場修太郎、麻布署刑事課捜査一係の巡査に降格・左遷
河原崎松蔵、八王子署稲荷坂派出所に異動

7月

大島剛昌、公安三課に異動
北林、東京警視庁捜査一課課長に就任
大河内康治本島俊夫榎木津礼二郎を紹介
榎木津礼二郎、鳴釜事件(通産官僚の汚職脱税事件)を解決
後半
由良昂允榎木津礼二郎に仕事を依頼。由良昂允、妻奥貫薫子を殺害
中禅寺秋彦、由良邸「鳥の城」で憑物落とし

8月

榎木津礼二郎、瓶長事件(茶道具屋の書画骨董贋作事件)を解決
20日
来宮小百合澤井健一を殺害
赤木大輔来宮小百合を保護
青木文蔵、通報を受け江戸川河川敷に急行
27日
江藤徹也来宮小百合を殺害
30日
西田新造石井寛爾に相談

9月

5日
赤木大輔宇都木実菜を殺害し、江藤徹也が遺体発見
11日
江藤徹也赤木大輔を殺害し、榎木津礼二郎江藤徹也を糾弾
江藤徹也大鷹篤志と揉み合いとなり死亡
13日
大鷹篤志西田新造に殺害される
中禅寺秋彦西田新造宅で憑物落とし。榎木津礼二郎神崎宏美と再会

11月

青木文蔵木下圀治小池宗五郎らを逮捕
榎木津礼二郎、五徳猫事件を解決

12月

1日
神無月鏡太郎榎木津礼二郎と対決し粉砕される
12日
今川雅澄、呪いの面の鑑定を依頼される
19日
榎木津礼二郎、面霊気事件を解決
31日
榎木津礼二郎、鬼苛め(追儺)挙行?

昭和36年(1961年)前後

12月

少年時代の両津勘吉が神田上水を寒中水泳し、それを関口巽が目撃。中禅寺秋彦両津勘吉に助言
大原大次郎、食材をぬらりひょんに食われる

昭和40年(1965年)

鈴木敬太郎、食品加工会社を創業

平成3年(1996年)

中野の神田上水沿いに立っていたアパート「ムジナ荘」取り壊し

平成18年(2006年)

12月

大原大次郎、中野を訪問。謎の老人の憑物落としによりぬらりひょん事件解決

203x年-30

神崎壮一、薬品サンプルの封印を解き、優性人類を作る研究を開始

203x年-2

梶浦来生律子の両親を殺害。中村雄二、殺害現場を目撃

203x年-1

来生律子、バイクの組み立て開始
神埜歩未霧島タクヤを殺害しアームブレイドを入手する

203x年

少女連続殺人事件発生
神埜歩未鈴木敬太郎ほかを殺害
神崎ケミカルコーポレーションによる臨床実験発覚
作倉雛子作倉遼にスクブスを飲ませて殺害


スポンサーリンク

関連コンテンツ