スポンサーリンク

柴田勇治

柴田勇治(しばたゆうじ)

所属:柴田財閥

概要・経歴

柴田耀弘の養子(旧姓北条)で相続人。聖ベルナール女学院の前理事長として、直接聖ベルナール女学院の調査に乗り込んでくる。誠実な人柄で義理人情に厚く責任感も強いが、優柔不断で鈍感な面がある。

柴田家に入ると、さまざまな役職肩書きが与えられる。聖ベルナール女学院理事長もその1つ。その後柴田耀弘の相続人となり、それらはすべて辞める。

織作紫との縁談があったが、織作紫に先天的な心臓疾患があったため、まとまらなかった。

山本純子と婚約していたが、平野祐吉山本純子を殺害されてしまう。

事件後、織作茜との縁談が持ち上がる(後、織作茜が辞退する)。

昭和20年 養子になる(22歳)
昭和27年秋 聖ベルナール女学院理事長辞任
昭和28年3月 聖ベルナール女学院の調査に乗り出す

外見

家族・親族

祖母:北条長子

義父:柴田耀弘

別名・仇名・通称

北条勇治

登場作

絡新婦の理
百鬼夜行 陰 倩兮女


スポンサーリンク

関連コンテンツ