スポンサーリンク

呉美由紀

呉美由紀(くれみゆき)

概要・経歴

聖ベルナール女学院の2年生。渡辺小夜子の友人。

本田幸三を憎悪する渡辺小夜子に付き合い、呪いの秘密を探る。そして「蜘蛛の僕」を率いる織作碧に眼を付けられ事件に巻き込まれる。

渡辺小夜子の自殺未遂や麻田夕子の死や織作是亮からの脅迫に激しく動揺するが、呉仁吉の登場により復調。女学院内で起こった出来事の全容を理解し、織作碧の行為を告発する。

事件後、東京の学校に編入が決まる。

外見

手足が長い。

家族・親族

祖父:呉仁吉

父:水産会社の社長

別名・仇名・通称

美代子、水無月、花子(以上、榎木津

登場作

絡新婦の理


スポンサーリンク

関連コンテンツ