スポンサーリンク

多々良勝五郎

多々良勝五郎(たたらかつごろう)

所属:

概要

大陸の化け物を研究している在野の民俗学者。中禅寺秋彦の友人。沼上蓮次を相棒に、妖怪の調査旅行を行っている。稀譚月報 7月号(昭和28年6月発行分)から、連載「失われた妖怪たち」開始。ちなみに、少女歌劇を好む。

経歴

元は理系で力学や天文、気象にも造詣が深く、さらに建築を学んでいた。沼上蓮次と山梨に調査旅行に出かけた際、村木作左衛門および村木富美と知り合い、金銭的バックアップを得た。

昭和15年 建築家の道を捨て妖怪研究に専念すると決意
昭和25年初夏 沼上蓮次と山梨伝説巡り
 村木作左衛門村木富美と知り合う
昭和26年1月 信州伝説巡り出発
昭和26年1月15日 諏訪大社上社の田遊神事を見る
昭和26年2月7日 田岡太郎と知り合う
昭和26年2月8日 田岡吾市の死体発見
昭和26年2月 富の市と博打勝負
昭和26年秋 出羽で即身仏にされかかり中禅寺秋彦に救われる
昭和27年 四国に行く
昭和28年5月27日 中禅寺秋彦の代理として織作茜に会う

外見

寸詰まりの菊池寛。

鳥の巣の如く寝癖のついた髪。小柄で善く肥えており、丸い小振りの眼鏡を小さな鼻の上に載せている。

黒い背広に蝦茶のチョッキ、幅の広いネクタイにだぶだぶの縞のズボン。

万年筆のインキで指先が青く染まっている。

家族・親族

別名・仇名・通称

センセイ(沼上蓮次

登場作

塗仏の宴
今昔続百鬼 雲 岸涯小僧・泥田坊・手の目・古庫裏婆


スポンサーリンク

関連コンテンツ