スポンサーリンク

織作家

勝浦付近の素封家。明治から大正にかけて、力織機の生産で大儲けする。

万治2年、植村忠朝が勝浦城に入った頃にはすでに存在していた。

関連地図

&googlemaps3_mark(lat=35.202989, lng=140.280991, title=織作家, caption=織作家(千葉県勝浦町));


スポンサーリンク

関連コンテンツ