スポンサーリンク

楠本君枝

楠本君枝(くすもときみえ)

所属:

概要・経歴

楠本頼子の母で30代半ば。雛人形の頭を作って生計を立てている。若い頃は大層綺麗な女性で、必要以上に男の出入りが激しかった。

君枝が15歳のときに一家離散。弟と妹がいたが、消息は不明。その後19歳で最初の結婚。頼子が生まれるが夫が子ども嫌いであったことから夫婦生活は破綻し、離婚。

戦争中は父の兄弟子の許に身を寄せ、人形作りを教わる。この父の兄弟子に体を求められ、それに応じてしまったことから、父の兄弟子の家から放逐される。

20代後半に香具師直山利一と再婚。彼は賭けごとで揉めごとを起こし、逐電。そのまま離婚が成立し、その際に直山利一の家を手に入れる。だが、頼子が君枝と直山利一との性交を覗き見てしまったことから母子関係に溝ができてしまう。

笹川に誘われ、穢封じ御筥様を信心。稼ぎをすべて喜捨してしまい、生活に行き詰まる。荒れる娘を魍魎?と思いこむまでに追い詰められ、自殺を画策するが榎木津礼二郎の機転で救われる。

事件後、家を売り高円寺のアパートに引っ越す。その後、連続目潰し魔事件に際して、中禅寺秋彦平野祐吉の妻平野宮の間男について話す。

昭和13年秋 頼子出産

外見

家族・親族

夫:楠本君枝の最初の夫

夫:直山利一

娘:楠本頼子

父:楠本君枝の父

ほかに弟と妹。

別名・仇名・通称

登場作

魍魎の匣
絡新婦の理


スポンサーリンク

関連コンテンツ